千代田区・麹町駅、半蔵門駅近くの会計事務所 中小企業の応援団 税理士坂本守がご相談にのります。
坂本 守
 
坂本 守(さかもと まもる)

1946年(昭和21年)生まれ
慶応義塾大学法学部法律学科卒業
 応援指導部リーダー学科同時卒業
1984年(昭和59年)税理士登録
東京税理士会会員


今、日本の経済は大きな変革期を迎えています。
このような時期には経営者の先見性と戦略性が厳しく問われます。
今後、企業が生き残るには情報技術(IT)を駆使した経営革新と会計ビッグバン(大革命)への迅速な対応が不可欠です。

当事務所は、企業のこのような生き残りをかけた戦いのお手伝いをしていくと共にこの変革期にこれから独立起業をしようという方々の支援も積極的に行っています。
人間一人では生きられないと同様、会社経営も様々な専門分野の人が必要です。
そこで、当事務所では、それぞれの専門分野の人々とネットワーク「Net Sakamoto」を構築しています。大いにご利用下さい。

現在の社会環境や経済環境は非常に厳しいものがありますが、厳しければ厳しいほど明るい希望を持ち、何よりも人間としての温かさを忘れてはいけないと思います。

当事務所も経営者や社員の皆様方のことを思いやる心配りを忘れずに、そして会計事務所の従来からの暗く重苦しいイメージを一掃し、所長以下全員が明るく楽しく仕事を遂行する事を主眼に置いています。
明るい事務所の雰囲気だからこそ、気持ちよくお客さまの大事なご依頼にお答え出来ると自負しています。

当事務所は、オフィスであると共にオアシスでありお客さまに気軽に立ち寄っていただけるサロンだと思っています。
是非皆様、一度その雰囲気をお確かめいただき、その上で何なりとご相談下さい。 所員一同心よりお待ち申し上げております。




熊坂 剛
 
熊坂 剛(くまさかごう)

1982年(昭和57年)生まれ
東京理科大学理学研究科物理学専攻修了
2009年(平成21年)宅地建物取引士登録
2016年(平成28年)税理士登録
東京税理士会会員



当事務所で相続や生前対策を主に担当させて頂いております熊坂と申します。

近年「相続」は「争族」と言い換えられるように、相続人間のトラブルが増えております。その理由は様々ですが、現行民法における平等相続(法定相続)の考え方が定着し強く表れてきたことなどが挙げられます。遺言作成などにより適正な対策を行っていなければ、平等を武器とした相続人間の争いが生じてしまうのです。相続税におきましても、生前に贈与等で対策を行っていなければ多額の税負担が生じることもあります。争いと税負担を軽減するには、生前対策が不可欠です。

さて平成27年1月には相続税法の大改正が行われましたが、今後もマイナンバー制度による金融資産への紐付けや、配偶者の相続分の見直しによる民法改正の動きなど、相続を取り巻く環境は大きく変化していきます。

当事務所ではこれらの変化に柔軟に対応し、そして何より争いと税負担ができる限り少なくなるよう、生前対策については長い時間をかけたお客様とのお付き合いを通じてサポートさせて頂きたいと考えております。
生前対策は少なくとも5〜10年程は必要とお考え下さい。

また既に相続が発生している場合でもご相談ください。生前対策はできなくても、相続手続きの全面的なサポートはもちろんのこと、納税額が少なくなる分割方法や二次相続対策のご提案もさせて頂きます。宅建業者での実務経験もありますので、特に税理士の力の差が出やすい不動産の相続税評価額の算定においては自信があります。

お一人やご親族だけで悩まれず、どんな些細なことでも何時でもお話し下さい。お客様とのつながりを大切にしたいと考えておりますので、是非一度ご相談頂ければ幸いです。所員一同心よりお待ち申し上げております。




★坂本守税務会計事務所が取材されました!★ 

当事務所のイメージがよくご理解いただけると思います。ぜひ、ご覧ください。
下のバナーをクリックすると、記事がご覧いただけます。

  ■ 税務会計情報ねっ島TabisLand 税務会計情報ねっ島TabisLand



〒102-0083 東京都千代田区麹町3-1-7 東京ビル4F  ■TEL:03-5212-2411 ■FAX:03-5212-2412
坂本守税務会計事務所へのお問い合わせ・ご相談はこちらまで